大事に使っている調理器具をメンテナンスしてくれる会社

メンテナンスやリペアはどこまで可能か

>

ハサミや包丁のメンテナンスとリペア

メンテナンスすべき包丁とは

包丁やハサミは、老舗の会社から100円ショップまで、様々なショップで販売されています。どこでも購入できるものだから身近に感じる調理器具ではありますが、実は多く存在するからこそ、選び方、またメンテナンス法もしっかりと吟味する必要があります。とくに老舗のショップなどから購入した包丁などはその素材の確認が必須。
鋼など硬質な素材で出来ている包丁はそのメンテナンスの頻度もマメに行う必要があります。購入先のショップで包丁研ぎを請け負っているケースは多く、こうしたショップに依頼する以外にも、ネットなどで研ぎを専門に行っている会社も存在します。利用者の声などでその実績を把握しておくと良いでしょう。
包丁の素材に合わせて、信用できる会社を選ぶことは、包丁の切れ味を持続させるためにも欠かせません。

素材と耐久性は把握しておこう

包丁は様々な素材のものがあります。一般的にメンテナンスがしやすいものとしてセラミック製やステンレス製の包丁は人気があります。ただしこうした包丁を使用する際にも注意が必要です。例えばセラミック製の包丁の場合、会社によってはメンテナンスが受けられない場合があります。むしろセラミック製包丁の場合には、セラミック製に慣れた専用のメンテナンス会社を選ばなければなりません。
またステンレス製の包丁にも、その耐久性によってはプロのメンテナンスに対応できないものもあります。研ぎ続けることでひび割れの原因となるほど細く繊細な作りのものもあるため、メンテナンスには確認が必要。
長く愛用し、素材や耐久性が分からないという包丁でも、メンテナンス会社によっては、その診断もしてくれる場合もありますので、こうしたサービスを受けてみるのも良いでしょう。


この記事をシェアする